花粉症が辛いならエリアス

エリアスの効果と特徴についてご説明します

エリアスの効果について

空気中に多量の花粉や黄砂が飛ぶ時期になると多くの人が使用し始める抗アレルギー薬、非常に多くの抗アレルギー薬が存在しているため、人それぞれ使用する物も違っている事でしょう。

その中でも強い抗アレルギー効果があり、アレルギー症状の発生を抑制する効果が高いものとして「エリアス」という製品があります。

エリアスは海外名称であり、日本ではデザレックスという名称で処方・販売されている三環系抗ヒスタミン薬です。

有効成分としてデスロラタジンという成分が使用されており、抗アレルギー薬の副作用として知られる眠気の症状が比較的少ないということから、非常に高い人気があります。

ここではそんなエリアスがどういった効果があり、どのような特徴がある製品なのか、というのを紹介していきます。

エリアスの効果

エリアスの使用効果は一般的な抗アレルギー薬と同じく、ヒスタミンによって起こるアレルギー反応を抑制する効果があります。

まずアレルギー症状というのはどういった仕組みで発生するのかを解説します。アレルギーというのは、人間の皮膚や粘膜に存在するマスト細胞が原因で発生します。

といってもマスト細胞が直接アレルギーの症状を引き起こす訳ではなく、厳密にはアレルゲンと呼ばれるアレルギーの原因となる物質、そしてIgE(免疫グロブリンE)という物質が結合し、その結果マスト細胞が活性化する事によって起こります。

花粉などのアレルゲンが身体に対して取り込まれると、マスト際病の表面に存在する「高親和性IgE受容体」というものとアレルゲンが接触し反応を起こします。

するとマスト細胞は活性化を起こし始め、炎症性メディエーター、と呼ばれる炎症反応を起こす原因物質を放出し始めます。

この炎症性メディエーターにはヒスタミンという物質が存在しており、ヒスタミンがヒスタミン受容体と呼ばれる部位と結合をすると、鼻水や涙、咳をはじめとするアレルギーの症状が現れ始めます。

エリアスを服用した場合、有効成分のデスロラタジンがヒスタミン受容体に対して作用し、ヒスタミンとヒスタミン受容体が結合できなくします。そうすると体内にアレルゲン物質が入り込み、炎症性メディエーターが放出されたとしても、ヒスタミン受容体と結合できなくなっているため、アレルギー症状が出なくなります。

デスロラタジンとは

エリアスの有効成分として使用されている物質はデスロラタジンという物質です。

デスロラタジンはアレルギーの予防に使用される抗ヒスタミン薬の中でも第二世代抗ヒスタミン薬と呼ばれる種類の抗ヒスタミン薬、ロラタジンの活性代謝物になります。

この第二世代抗ヒスタミン薬は一般的な抗ヒスタミン薬と作用の仕方こそ同じものですが、服用時に発生する副作用が少ないという特徴があります。

そしてデスロラタジンはその中でも特に副作用が少ないなどの理由から非常に安全性が高く、それでいて有効性が高いということから、抗アレルギー薬の有効成分として多くの製品に使用され、世界中で販売されています。

エリアスの特徴

エリアスの特徴として、抗アレルギー薬の副作用である抗コリン作用が少ない、眠気が起こりにくい、作用時間が長い、食事の影響を受けないといった特徴があります。

抗コリン作用というのは副交感神経を亢進させる働きのあるアセチルコリンの作用を抑制することにより起こる痛み、痙攣、下痢といった症状になります。これらの症状は抗アレルギー薬を服用した際に発生する症状で、抗アレルギー薬を服用した際に感じる口の渇きや排尿障害、強い眠気といったものもこの抗コリン作用になります。

エリアスに使用されているデスロラタジンはこの抗コリン作用が起こりにくいという特徴があるため、服用前と服用後で体調の変化が現れにくくなっています。

また、デスロラタジンは服用後1時間ほどで効果が現れ始めますが、その後24時間前後効果が持続するため、一度の服用で長時間アレルギーの症状を抑制することができます。

最後にデスロラタジンは胃壁から成分が吸収されるのではなく、腸壁から成分が吸収されていくため、食後の服用であっても胃の内容物によって吸収が阻害され、効果が弱まることがありません。

エリアスの適応症状

エリアスの使用によって改善できる症状は非常に多く存在していますが、その中でも特に優れた改善効果があるものとして花粉症、アレルギー性鼻炎、アトピー性皮膚炎があります。

これらの症状に対してどのようにエリアスが作用するのか、そしてそもそも上記症状はどのようにして発症するのか、というのをここでは紹介します。

辛い花粉症は鼻炎、アトピー性の皮膚炎に悩む人は参考の上で使用を検討してみてください。

花粉症

花粉症は1型アレルギーと呼ばれる分類の疾患です。

花粉症は植物の花粉が目、鼻といった粘膜に対して接触し、アレルギー反応が発生する事によってくしゃみや鼻水、鼻詰まり、目の痒みなどが起こる症状です。

花粉症の原因となる植物の種類は非常に多く、60種以上のものが報告されています。

その中でも特に発症者数の多いものとしては、ヒノキ科、ブタクサ、マツ、イネ科、ヨモギといった植物の花粉症を発症者が多い傾向にあります。

また国によっても花粉症の原因とある植物は違っており、アメリカではブタクサによる花粉症患者が多い傾向にありますが、ヨーロッパではイネ科植物による発症者が多く、北欧では白樺や樺の木といった植物が原因となり花粉症を発症している人が多い傾向にあります。

治療方法は発症を抑える対症療法と花粉症を完治させる根治療法の2つがあります。

対象療法の場合、抗アレルギー薬やステロイド薬を使用し、アレルギー反応の発生を抑制する薬物療法が一般的に行われています。エリアスもこの薬物療法にて使用される医薬品です。

花粉症の根治療法はまだ確立されていませんが、現在最も根治療法に近いと言われているのが減感作療法です。減感作療法はアレルゲン免疫療法とも呼ばれる治療方法で、体内に微量なアレルゲンを投与し、徐々に投与する量を増加させていく事によって体内に免疫を作り出すという治療方法です。

減感作療法には皮下にアレルゲンを投与する方法と、舌下にアレルゲンを含む物質をお区舌下減感作療法の2つが存在しています。

アレルギー性鼻炎

次の適応症状はアレルギー性鼻炎です。アレルギー性鼻炎は1型アレルギーの一種で、発作性反発性のくしゃみ、水性の鼻汁、鼻腔の閉塞といった症状があります。

アレルギー性鼻炎は一般的に鼻炎と呼ばれる症状以外、副鼻腔を始めとする鼻全般の炎症やアレルギー反応によって起こる上記症状全般のことを指します。したがってアレルギー性鼻炎はアレルギー性ではない鼻炎と間違いやすいという特徴があります。

主な発症原因はダニやダニの死骸、糞といったものと言われていますが、近年はダニ以外にもカビが原因となり発症する場合がある事も判明しています。

アレルギー性鼻炎の治療方法としては対症療法、減感作療法、急速減感作療法、手術療法、用手手技、皮膚外用療法という6つのものがあります。

対症療法はアレルギー反応を抑え、徐々に症状のステップダウンを行うのが一般的です。

抗ヒスタミン薬を経口摂取するのが一般的ですが、時には点鼻薬を鼻の外側に対して噴射することがあります。

減感作療法の場合、スギ花粉やダニの抗原といったアレルゲン物質を長期間投与する方法が用いられます。

急速減感作療法は上記の減感作療法を1週間で行うものです。

急速減感作療法は短期間で治療を終えることができますが、ショック症状を引き起こすことがあるため、厳重な監視下で実施されます。

手術療法はアレルギー性鼻炎の炎症反応が発生する部位に対してレーザーや高周波を当て、焼くことによってアレルギー反応を抑制します。

用手手技は鼻汁が出ている場所とは反対の脇の下を抑えることにより、交感神経を圧迫し鼻汁を止めるという治療方法です。

最後に皮膚外用療法ですが、これは中国の三九灸という治療方法で、プロトアネモニンという毒性のある薬草から作られた発泡薬を背中のツボに貼るという治療方法です。

アトピー性皮膚炎

最後に紹介するのはアトピー性皮膚炎です。アトピー性皮膚炎は正式にはアトピー性湿疹と呼ばれる症状で、遺伝的要因等によって発症します。

詳細な原因は未だ解明されていない症状ですが、皮膚へのダメージなどによってバリア機能が低下し乾燥した状態になったところへダニやホコリ等のアレルゲンが接触する事によって、症状が現れるようになります。症状は非常に多く、患部の湿疹や白く粉を吹いたような状態になり強い痒みが発生する、組織液の進出、乾燥性の皮膚炎、手指の荒れといった症状があります。

治療方法としては薬物療法と生活習慣の改善があります。薬物療法を行う場合、抗ヒスタミン薬や抗アレルギー薬を使用して行う方法や、副腎皮質ホルモン剤、一般的にステロイドと呼ばれる医薬品を使用することが一般的です。

生活習慣の改善の場合、シャワーによって皮膚の清潔を保つ、室内を清潔にする、衣類は刺激の少ないものを着用するなどの方法により、発症を予防します。

それ以外の薬物療法として、シクロスポリン内服療法や漢方療法、保湿外用薬の使用といったものがあります。

治療方法の中でもステロイドを使用した薬物療法は非常に強いアトピー性皮膚炎の治療効果を発揮します。しかし過去に誤った報道と情報の拡散によって、内用薬と外用薬の副作用が混合されて広まってしまった結果、ステロイドに関しての誤った認識が根付いてしまう、アトピービジネスと呼ばれる悪徳商法が発生するといった自体が起こったことがあります。

まとめ

辛いアレルギーの症状を改善する抗アレルギー薬、その中でも使用効果が高く、そして副作用が少ないという特徴のある医薬品としてエリアスがあります。

エリアスは日本ではデザレックスという名称で処方が行われいる医薬品で、長時間作用し抗コリン作用が少ないという特徴があります。

エリアスは花粉症やアレルギー性鼻炎、アトピー性皮膚炎と多くの症状に対して使用することができる医薬品です。辛いアレルギーの症状を少ない副作用で治療したいという人にこのエリアスという医薬品は非常に強くオススメできる製品だといえます。